背筋をたくましくする、背筋を引き締める、背中の脂肪を落とす、そんな方法を動画で学習、背筋トレーニング実践サイト

背筋鍛え方トレーニング > 背筋(背中)の脂肪を優しく落とし、引き締める

背筋(背中)の脂肪を優しく落とし、引き締める 背筋(背中)の脂肪を優しく落とし、引き締める

脂肪燃焼、引き締めに効果的な広背筋の鍛え方です。
背中を引き締めたい人、背中の贅肉を落としダイエットしたい人にオススメのトレーニングです。

動画では胸筋の鍛え方も実践していますが、ここでは背筋の鍛え方に絞って解説します。
背筋トレーニングは、動画内のExercise#1(ワンハンドロウイング)、Exercise#4(ベントオーバーロウイング)の2種目です。

【Exercise #1(ワンハンドロウイング)の注意点】
ダンベルを引き上げるときは、腕の筋肉ではなく、背中の筋肉を内側にしぼめる感覚で行って下さい。少し難しいかも知れませんが背中の筋肉を意識することが大切です。

【Exercise #4(ベントオーバーロウイング)の注意点】
Exercise #1同様にダンベルを引き上げるときは、腕の筋肉ではなく、背中の筋肉を内側にしぼめる感覚で行って下さい。

スポンサーリンク

このトレーニングでは、ダンベルを使いますので、体力に合わせ500g~2kg程度のダンベルを用意してください。
ダンベルがない場合は、500mlか1リットルのペットボトルに水を入れてダンベル代わりに利用してもOKです。

筋トレ初心者の人は、10回×3セット(10回⇒1分間休憩⇒10回⇒1分間休憩⇒10回)から始めてみてください。

フォームが整い、トレーニングに慣れてきたら、下記のようにダンベルの重さと回数を調節して下さい。

【背中の脂肪を落とし、シェイプアップする】
◆ダンベルの重さ : 1kg~2kg
◆回数 : 20回×3セット(左右別に行うトレーニングは、各々20回ずつ)
◆セット間・種目間の休憩 : 30秒
◆頻度 : 1日置き(1度トレーニングしたら1日休み、再びトレーニング)

【ポイント!】
・ 背中の筋肉が使われているかしっかり意識してトレーニングしましょう。
・ 元の姿勢に戻るときは、パッと反動で戻すのではなく、背中の筋肉を意識し、ゆっくり戻すようにしましょう。

それでは、トレーニングスタート!

■背筋トレーニング一覧